「船橋のなし」が主人公のご当地ミュージカルが完成!詳しくはこちらをクリック!

【アーティスト紹介Vol.4】伊瀬 雄亮さん – ギタリスト

船橋にゆかりのある音楽家をご紹介。第四弾はギタリストの伊瀬 雄亮(いせ ゆうすけ)さんにお話を伺いました。

まちかど音楽ステージを拠点に活動する船橋生まれ船橋育ちのギタリスト

ふなおん

本日はよろしくお願いします。はじめに伊瀬さんと船橋とのつながりを教えてください。
船橋に生まれ船橋で育ち、市立葛飾小学校と市立葛飾中学校に通いました。今でも西船橋に住んでいます。一度も引っ越したことがありません(笑)

ミュージシャンとしての活動も地元船橋を本拠地としていて「まちかど音楽ステージ」に定期的に出演したり、秋の「ふなばしミュージックストリート」にも第1回目の開催から毎年参加しています。

伊瀬さん

ふなおん

今は他のお仕事をされながら音楽に取り組んでいるのですか?
公務員をやりながら、二足のわらじで音楽活動に取り組んでいます。

本当は大学卒業後そのままプロの道に進みたかったのですが、両親から「将来プロミュージシャンを目指すにしても、一度就職して社会を見ておいた方が良い」と勧められて就職しました。

職場の副業規定に抵触しない範囲で、市内の音楽イベントや自主開催のソロライブなどに取り組んでいます。

伊瀬さん

ふなおん

伊瀬さんはどのような音楽に取り組んでいるのでしょうか?
ジャンルとしては「ソロギター」になります。ギターというと弾き語りを想像される方も多いと思いますが、ソロギターの場合はギター一本でメロディも伴奏もすべて演奏します。使うギターはアコースティックギターが中心です。

伊瀬さん

両親の影響で始めたギター

ふなおん

伊瀬さんと音楽との出会いを教えてください。
中学2年生の時にギターを始めました。

両親とも若い頃にギターをかじっていたこともあって、家の隅に置いてあったギターに触ったのが最初でした。中学〜高校は水泳部に所属してガンガン泳いでいたので、その息抜きとしてギターを弾いていたような感覚です。

高校生の頃にたまたま見た押尾コータローさんの演奏に憧れて、そこで「ソロギター」に目覚めました。

伊瀬さん

ふなおん

大学卒業後にプロになろうと思ったということは、大学で相当本格的にギターに取り組まれたのですか?
大学ではバンドサークルに所属して、ひたすらギターを弾く毎日でした。ギター小僧でしたね。授業には出ないけどギターを弾きに大学には来る、みたいな生活で(笑)

数人でのバンド活動と並行してソロギターの練習もずっと続けていて、サークル内の発表会でソロギターを披露したらものすごくウケた。そこで気持ち良くなっちゃって、ますますギターにのめり込みました。

伊瀬さん

ふなおん

ギターは独学ですか?
基本的には独学ですね。最初は両親に教えてもらいましたが、あっという間に追い抜いてしまったので、そこからは本やインターネットで調べながら勉強しました。YouTubeのギター講座も参考にしています。

「先生の言う通りに」というのが苦手なタイプなので、こうやって自分で試行錯誤するのが性格的にも合っているのかなと思っています。

伊瀬さん

ふなおん

ご両親からの勧めで就職したというお話がありました。大学卒業後の進路選択について振り返るといかがでしょうか?
両親のアドバイスに従っておいて良かったと思っています。

大学生までは自分は世間知らずな面もあったと思うのですが、今の職場では子供からお年寄りまで幅広い世代の人とお話をする機会があるので、コミュニケーション力がかなり上がりました。時には自分の常識が通じない人の相手をしなければならないこともありますので、心の強さも身に付いていると思います。

また、時間の制約があるからこそ、ギターを弾くときにもメリハリをつけてものすごく集中して取り組むことができています。

伊瀬さん

自分の創った世界で人の感情を動かすことができるのがソロギターの醍醐味

ふなおん

演奏していて楽しいと思うのはどんな瞬間ですか?
やはり聴いてくれる人が喜んでくれる姿を見ることが一番ですね。

路上ライブで終わった後に声をかけてくれる人もとてもありがたいですし、少し立ち止まってくれるだけでも「自分の音楽でその人の感情が少し動いたのかも」と思って嬉しくなります。

だからこそライブの臨場感が好きですし、もっと色んな人が気軽に音楽を聴ける場所がもっと増えて欲しいとも思います。

伊瀬さん

ふなおん

目標とするアーティストはいますか?
オーストラリア出身で世界的に活躍するギタリストである「トミー・エマニュエル」さんが憧れの存在です。少しでも近づけるように、演奏動画を何百回も見て研究しています。

伊瀬さん

ふなおん

今後もソロギタリストとして活動されていくのですか?
たまにその日限りのセッションに誘われることもあるのですが、今のところ他の人と特定のユニットを組んで活動する予定はありません。

大学時代にバンドを組んでいたので、他の人と一緒に音楽を作り上げていくことの楽しさも知ってはいるのですが、いまは一人でやっていきたい気持ちのほうが強いです。

ソロギターだとギター一本で伴奏もメロディもすべて弾くので、一人で世界を創っていけるのが面白いところだと感じています。

伊瀬さん

船橋への想いと今後の展望

ふなおん

伊瀬さんが思う船橋の良いところ・もっとこうだったら良いのにというポイントを教えてください。
私が参加させてもらっている「まちかど音楽ステージ」や「ふなばしミュージックストリート」など、自治体がアーティストの活動を後押ししてくれる機会が色々とあるのがありがたいです。

欲を言えば、もっとそういった機会が増えれば…と思います。例えば「まちかど音楽ステージ」の開催場所も今は船橋駅の近くだけですが、もっと他の場所でもできるようにするとか。市内の他の場所でもストリートミュージシャンを見かける機会もたくさんあるので、発表の場を求めるアーティストはたくさんいるんだろうと感じています。

伊瀬さん

ふなおん

最後に、今後の伊瀬さんの展望をお聞かせください。
トミー・エマニュエルのような世界で活躍するギタリストになるのが夢です。少し前にギターを担いでアメリカを一人旅行したのですが、現地のアーティストと言葉は通じなくても一緒にセッションして心を通わせることができて「音楽は言葉を越える」というのは本当だと感じました。もちろん言葉が通じればもっと便利だと思いますので、英語も並行して勉強しています。

世界で通用するギタリストになるための第一歩として、まずは地元船橋での活動をもっと増やして「船橋のギタリストといえば伊瀬雄亮」と言われるようになることを目標としています。

伊瀬さん

伊瀬雄亮 – ギタリスト

地元船橋を中心に活動。14歳の頃ソロギターに出会い、押尾コータローやTommy Emmanuel等の影響を受け、現在のスタイルを確立する。カントリー音楽を軸にしつつも、ジャンルの枠にとらわれずポップスやジャズ等さまざまな曲のアレンジやオリジナル曲を演奏する。

 

2015年ソニックアカデミーフェス優秀アレンジ賞受賞。

モリダイラ楽器フィンガーピッキングデイ2017東日本予選「ミュージックランドKey賞」受賞。

Finger Picker Change Day2019「ベストプレイ賞」受賞。

 


※記載の内容はインタビュー(2019年11月)時点のものです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA