「船橋のなし」が主人公のご当地ミュージカルが完成!詳しくはこちらをクリック!

【アーティスト紹介Vol.3】LiCaCoさん – エールソングシンガー

船橋にゆかりのある音楽家をご紹介。第三弾はウクレレ弾き語りでエールソングを歌うLiCaCo(りかこ)さんにお話を伺いました。

市船チア出身、ウクレレでエールソングを弾き語り

ふなおん

本日はよろしくお願いします。はじめにLiCaCoさんと船橋とのつながりを教えてください。
船橋の古和釜出身で、いまも船橋に住んでいます。高校は市立船橋高校で、部活ではチアダンスに取り組んでいました!

LiCaCoさん

ふなおん

チアダンス部だったんですね!第一印象からも元気な方だなと思っていたので納得です(笑)今はどんな音楽活動に取り組んでいるのですか?
ウクレレ弾き語りでのシンガーソングライターです。エールソングを中心とした曲を演奏しています。

船橋ではミュージックストリートやハワイアンフェスティバルなどに出演させて頂いています。その他、八千代市のコミュニティラジオでアシスタントパーソナリティをやらせて頂いたり、八千代の道の駅での演奏イベントにも出演しています。

LiCaCoさん

ダンスからウクレレ弾き語りへの転向

ふなおん

高校でダンスに取り組んでいたLiCaCoさんが音楽の道を志すようになったいきさつを教えてください。
大学でもダンス部に入り、こちらではヒップホップ系のダンスに取り組んでいました。ちょうどその頃に高校の後輩からの誘いでボイストレーニングも受けていたので、大学で出会ったダンス部の友人2名とダンスミュージックのユニットを組みました。私がボーカルで他の2人がバックダンサーという編成です。

そのユニットでメジャーデビューを目指して活動もしていたのですが、2年前のワンマンライブが終わったタイミングでそれぞれの方向性の違いが見えてきて、ちょうど私もウクレレに挑戦したいと思っていたタイミングだったので、それからはソロを主体とした活動に切り替えました。

LiCaCoさん

ふなおん

ウクレレの弾き語りというのは珍しいスタイルかと思います。ウクレレを始めたきっかけを教えてください。
さっきお話ししたワンマンライブが終わって、何か新しいことに挑戦したいと手に取ったのがウクレレでした。

昔から西野カナさんの大ファンなんですが、ある夏のライブで西野カナさんがウクレレを弾いていているのを見て「カワイイ!」って直感的に思ったんです。

LiCaCoさん

ふなおん

たった2年でウクレレを主体にするまでになるなんてすごい成長ですね!
ウクレレはある程度弾けるようになるまではあまり時間はかからないんです。最近はその奥深さに悩まされることも多いのですが、弾いてる自分自身をも癒やしてくれるような音色が大好きになりました。

ウクレレの弾き語りを試してみたら「LiCaCoの歌声にウクレレがとてもマッチしてていいね!」と言われることが多くて、そちらのスタイルに転向することにしました。

弾き語りといえばギターでやる人が中心なので、ウクレレだと目立つかなという打算的な面もちょっとだけありました(笑)

LiCaCoさん

エールソングを歌う理由

ふなおん

演奏されるエールソングはオリジナル曲が中心ですか?
自作のエールソングが中心です。特に、いまネガティブに沈んでしまっている人がポジティブな気持ちに転じて欲しいという願いを込めた歌が多いです。

私は根っからのポジティブ人間なのですが、周りの友達にはネガティブな人もいて、そんな人たちを元気付けられたらと思う気持ちが根本にあります。

LiCaCoさん

ふなおん

演奏されるエールソングを特に聞いて欲しい世代はどのあたりになりますか?
中高生たちに聞いて欲しいですね。母校の市船の体育祭で自分のエールソングを流してもらえたと聞いた時はとても嬉しかったです。

LiCaCoさん

ふなおん

LiCaCoさん自身、物事をポジティブに捉えるとのお話がありました。昔からポジティブな性格だったのですか?
祖母がすごくポジティブな人で、それを継いでるんだと思います。家族にも「LiCaCoはおばあちゃんに似てるよね」と言われることも多いです。どんなことに対しても「何とかなるさ」と向き合うことが多いです。

LiCaCoさん

ふなおん

エールソングを歌うようになったのは何かきっかけがあるのでしょうか?
高校時代に取り組んだチアダンスの影響が大きいです。

中学まではバレーボールをやっていたので、本当は高校でもバレーボールを続けるつもりだったんです。なので市船の学校見学では最初にバレーボール部を見学に行きました。でもあまりにレベルが高くてちょっと引いちゃって(汗)

その帰り道にダンス部の練習をたまたま見たんです。そこで先輩たちの姿がキラキラして見えてビビっときて、もう「ダンス部に入る!」ってその日のうちに家族に宣言してました。

部活は厳しい面もありましたが本当に楽しくて、色んな部活の応援に行きました。特に印象に残ってるのが、サッカー部が目の前で全国優勝したことです。

そんな経験の中で、誰かが応援することの楽しさや、自分が誰かを元気にしていということの嬉しさをたくさん味わったことが、今につながっています。

LiCaCoさん

ふなおん

目標とするアーティストはいますか?
西野カナさんです!

高校2年生くらいのときに初めてライブを観に行って、そこが私の夢の出発点だったと思っています。

歌を聴いているだけでは分からなかったんですが、ライブが西野カナさんの愛が満ち溢れてた空間で一気に引き込まれてしまったんです。音楽のみならずトークもファンへの気遣いが溢れていて、西野さんの前向きさが伝わってきて本当に元気をもらえて。

自分も西野カナさんみたいに、誰かを元気付けることができるアーティストになりたいと思っています。

LiCaCoさん

船橋への想いと今後の展望

ふなおん

LiCaCoさんが思う船橋の良いところ・もっとこうだったら良いのにというポイントを教えてください。
地域のつながりがとても心強いです。市船チア出身だからと言うだけで無条件に応援してくれる人もいらっしゃって、本当にありがたいことだと思います。

「まちかど音楽ステージ」という公認ライブはありますが、もっと色々なところで路上ライブができたらなぁ、と思う場面があります。余談ですが、まちかど音楽ステージには今後参加していこうと思っているので、ぜひ観に来てもらえたら嬉しいです!

LiCaCoさん

ふなおん

最後に、LiCaCoさんの今後の展望をお聞かせください。
西野カナさんみたいにテレビに出たり、さいたまスーパーアリーナでライブができるようなアーティストになりたいというのが漠然とした夢としてはありますが、もう少し具体的なところでは「エールソングといえばLiCaCo」と言われるようになりたいと思っています。

聞いた瞬間に笑顔になってもらえるような曲を届けたいですね。

そんな曲を作れるようになるためには、色々な人生経験を積むことが大切だと感じています。私は人と会うことで歌詞が湧いてくるタイプだということと、やはり様々な経験があればこそより多くの人の心に届くエールソングが書けるはずだと思うからです。

そのためにも、音楽に限らず様々なことにチャレンジしていきたいです!

LiCaCoさん

LiCaCo – エールソングシンガー

千葉県船橋市出身のシンガーソングライター。ウクレレの明るいサウンドにのせてLiCaCo流エールソングを奏でる。

 

スポーツの名門校市立船橋高校のチアダンス部卒業生であり、高校時代3年間はスタンドからたくさんの選手を応援してきた。この経験から人を応援すること元気づけることが大好きで、そして持ち前の明るすぎる性格から主にエールソングを歌う♪

※記載の内容はインタビュー(2019年11月)時点のものです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA