「船橋のなし」が主人公のご当地ミュージカルが完成!詳しくはこちらをクリック!

市船吹奏楽部のテレワーク演奏動画が話題、第2弾「うちで踊ろう」も本日公開!

船橋市立船橋高等学校(船橋市市場4-5-1、Tel 047-422-5516)の吹奏楽部が、日本中のみなさんに音楽でエールを届けようと、テレワーク合奏動画を制作し、4月20日からYouTubeや学校ホームページで公開している。


今回の演奏動画には同校吹奏楽部に所属する3年生58人が参加。市船運動部の大会応援でお馴染みの「あっこちゃん」「市船カモン」「市船 SOUL」が演奏されている。

製作期間は約1週間。それぞれが自宅などで演奏する様子を自撮りしたものを集め、一つの合奏となるよう生徒自らの手で編集を行い組み合わせた。

顧問の高橋健一先生は「一定のテンポを保ち、演奏をひとつにまとめることに苦労していましたが、離れていても一つの目標に向かい励んだことにより、明るく、元気の出る演奏となりました。ぜひ多くの方に聴いて欲しいです」と話す。

本日(4月28日)時点でTwitter上での再生回数は6万回を超えるなど大きな反響を呼んでおり、「感動した」「早く生の演奏が聴きたい」などのコメントが寄せられている。

さらに吹奏楽部のテレワーク動画第二弾として、「うちで踊ろう(星野源)」に合わせた部員達のダンス動画も本日公開されている。今後も楽器演奏だけでなく、合唱などの動画の製作も予定されているという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA