「船橋のなし」が主人公のご当地ミュージカルが完成!詳しくはこちらをクリック!

2019年は50年に一度の三咲開墾150年記念祭があった年、音楽ステージも華やかに

船橋市三咲エリアは、2019年は記念すべき年でした。去る11月23日、24日、三咲稲荷神社では50年に一度しか開催されない「三咲開墾150年記念祭」が行われ、あいにくの雨天にも関わらず、稚児行列をはじめ、各種音楽ステージもほぼ予定通り進行され、船橋ゆかりのアーティストたちが記念祭を盛り上げました。

三咲開墾150年記念祭とは?

三咲や二和といったエリアは、明治時代初期、明治政府が武士の貧困救済のため、下総台地の土地に入植開拓を進め、農作民への転身を進めました。今でも三咲は船橋市内の中でも田畑が多いエリアですが、これは、入植者の中で残った人間と、のちに周辺農村から移住してきた人々によって、築かれたものなのだとか。

そんな先人たちのことをいつまでも忘れないよう、このエリアでは記念祭が行われ、前回の記念祭は三咲開墾100年の時。50年に1度しか開催されないお祭りなのです。

メイン会場となったのは、三咲稲荷神社。

 

普段は静かな神社ですが、夏祭りにはたくさんの地域住民が集います。今回はこの神社の境内に、屋根がついた特設ステージが組まれました!

不安定な天候でもアーティストたちは会場を盛り上げる!

23日と24日、音楽関係で出演した(予定含む)のは下記。

・23日=船橋市消防音楽隊(雨のため出演ならず)、MAKUNOUCHI、岡谷柚奈
・24日=三線クラブ富士、和太鼓 USAGI、小松優一&NEXT GENERATIONS

初日23日は、冷たい雨が降り続く中、稚児行列を皮切りに一部変更しながらもほぼ予定通りに進行。

行列の先頭したのは船橋鳶職組合若鳶会の方たち。市指定無形民俗文化財に認定されている「木遣り歌」を歌いながら稚児行列を神社まで導きました。

同日は、ふなばしミュージックストリートにも出ていたバンド「MAKUNOUCHI」に続き、船橋ゆかりの若きアーティスト・岡谷柚奈も元気な歌声を届けていました。

2日目となる24日は、雨はなんとか止み、このエリアを中心に活動している三線クラブ富士、鎌ケ谷市を中心に船橋でも活動している女性がメインの和太鼓チームUSAGIが出演し、祭りをさらに盛り上げました。

USAGIステージの最後には、子どもたちがステージにあがっての和太鼓体験も。

音楽ステージを締めくくったのは、小松優一と市内にゆかりある若きエンターテイナー集団「NEXT GENERATIONS」。

平成30年間をヒット曲とともに振り返りました。曲と曲の間には、その年に起きたニュースなどのひとことコメントが。「あー、昔、そんな出来事あったな~」と懐かしみながら、心の中で一緒に歌っていた筆者です(笑)。

今回、この記念祭を行うにあたり、三咲エリアでは、“古くからの住人も新しい住人も共に仲良く、より親しみやすい町になるように”と「三咲ふるさとづくり推進委員会」を立ち上げたのだそうです。「これからも多くの人が楽しめることをどんどんやっていけたら…」なんてことも考えていらっしゃるようですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA