「船橋のなし」が主人公のご当地ミュージカルが完成!詳しくはこちらをクリック!

【3/7放送】「千人の音楽祭」特別テレビ番組を放送、新垣隆さんによる新曲披露

※写真中央が新垣 隆さん

小中高生を中心に約2,000人が出演する市内最大の音楽イベント「音楽のまち・ふなばし 千人の音楽祭」。平成6年以降、毎年2月の恒例イベントととして毎年開催されてきました。

本年度は作曲家 新垣 隆 さんに委嘱した音楽祭ならびに船橋の街への希望の願いを込めた新たな楽曲の披露と、過去の音楽祭のダイジェスト映像を組み合わせた特別テレビ番組の形式で開催されます。

今年度の音楽祭企画

市民と行政との協働事業という形で実行委員を組織して企画運営が行われている千人の音楽祭。

当初は新しい生活様式の下での千人の音楽祭として、リモート形式での小中学生の収録演奏動画と、市内音楽家らによる会場演奏などを組み合わせた無観客形式での開催に向けて準備が進められてきました。しかし、1月初旬の緊急事態宣言の再発令を受けて、その企画も一度白紙に。

子ども達の未来につながる音楽祭を目指して

実行委員会では、今年度のコロナ禍におけるイベント企画を通じて「千人の音楽祭の主役は船橋の子ども達である」という意義を再認識したそう。

その意義に立ち戻り、千人の音楽祭を絶やすことなく継続することはもちろん、今だからこそ未来につながるものを残すべきと、未来への願いを込めた新たな曲を新垣隆さんに委嘱しました。

新垣さんは幼少期に船橋の音楽教室で学び、2020年には船橋警察署のイベントでの市船吹奏楽部とコラボの機会もあったという人物。今回の番組では新垣さん自らのピアノ演奏での新曲披露を軸とし、過去27回の音楽祭を振り返るダイジェスト映像も組み合わせた特別番組が放送されます。

新垣 隆さんは「船橋でずっと歌い継いでいける曲を、という依頼で作曲をしました。この曲には色々な場面が描かれているので、一つの劇を表現するつもりで歌って欲しいです」と、今後この曲を演奏する子ども達への想いを語っています。

<放送日時>
3月7日(日) 15:00~16:00

 

<視聴方法>
J:COM YY船橋習志野(地デジ11ch)にて放映
※スマートフォンアプリ「ど・ろーかる」にて3月31日までどなたでも視聴可能

 

<放送内容>
千人の音楽祭のイベント概要・あゆみ及び今年の取組みの紹介
過去の各ステージの振り返り(ダイジェスト)
新垣 隆さん委嘱作品の披露

 

<出演>
佐々木 清美 さん(第1回~第20回副実行委員長)
竹下 美智男 さん(第1回~第20回イベント司会者)
小松 優一 さん(シンガーソングライター、イベントゲスト出演者)
岡元 邦治 さん(演出振付家、第28回イベント総合演出担当)
田畑 博史 さん(第28回副実行委員長)

 

・スペシャルゲスト
新垣 隆 さん(作曲家、ピアニスト)

 

・進行
横洲 かおる さん(ヴォイス・アーティスト、第21回~第27回イベント司会者)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA