次回「千人の音楽祭」は無観客&事前撮影動画も織り交ぜての開催(2021/2/7)

次回「第28回音楽のまち・ふなばし 千人の音楽祭」が、新型コロナウイルス感染拡大防止への配慮から、2021年2月7日に無観客形式で開催されます。

同イベントは例年船橋アリーナを舞台として、出演者・観客合わせて約5,000人が参加する船橋市における最大規模の音楽祭で、特に市内小中高生にとっては、またとない大舞台での発表の場であると同時に、音楽を通じて学校や年齢の枠を超えてつながることができる機会となっています。

そのような背景から、コロナ禍においても何とか開催の方向で進めたいと、市内音楽団体メンバーや小中学校の教員たちを中心とする実行員会「千人力」において、春ごろから協議が重ねられてきました。

その結果

・観客は入れずに開催する
・原則として小中学生はVTR出演

という方針が固まり、市内音楽団体による会場でのライブ+事前に撮影した小中学生のVTR演奏を組み合わせた形式でのテレビ放送を行うことが決定したものです。

放送は毎年同イベントのテレビ中継を行なっているJ:COMを通じて行われ、J:COM契約世帯はもちろんのこと、J:COMを契約していない人でもスマホアプリ「ど・ろーかる」を通じて無料で視聴することが可能となる予定です。

また、コロナ禍だからこその特別な音楽作品の制作や、超豪華ゲストへの出演交渉も進められているとのこと。そちらも続報が入り次第お伝えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA