【中止】船橋在住の演奏家たちによるピアノ&マリンバデュオが西船橋でライブ開催、3月7日@西船橋ALKAS

以下の公演は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました。

伊藤辰哉さん(ピアニスト)と宮野下シリュウさん(マリンバ奏者)のデュオユニットである「KEYsiDE(キーサイド)」が、3月7日にコンサートサロンALKAS(船橋市西船4-1-8、Tel047-435-0833)で第8回目となるライブを行う。

伊藤辰哉さんと宮野下シリュウさんはともに船橋在住の音楽家で、2016年にセッションをしたことをきっかけに定期的にライブ活動を展開するようになった。「KEYsiDE」のユニットとして正式に活動する以前も含めて、これまで20公演以上のライブを重ねてきている。

今回のライブの主役はピアニストの伊藤辰哉さん(通称いっくん)。伊藤さんが3月にお誕生日を迎えることからバースデーライブと銘打って、ピアノとマリンバはもちろんのこと、歌や鍵盤ハーモニカ・ウクレレ・小物打楽器にトランペットと、幅広い楽器を使用した楽曲を15曲程度演奏する予定だという。

伊藤さんは「全国各地を飛び回る中で、地元船橋での演奏の機会はこれまであまりありませんでした。地元でも愛されるピアニストになれるよう頑張ります!」と意気込みを語った。

公演情報

『KEYsiDE Vol.8 Birthday LIVE』

日時:2020年3月7日(土) 12:30開場 13:00開演
会場:コンサートサロンALKAS(西船橋駅北口より徒歩5分)

料金:¥4,000円

プログラム:
イパネマの娘
Spain
浜辺の歌
Let’s search for tomorrow、など

出演

KEYsiDE(キーサイド)

– 伊藤辰哉(ピアニスト)
宮野下シリュウ(マリンバ奏者)

2016年、ライヴ企画の中でセッションをしたことから定期的にライヴ活動を展開。
クラシック・民族音楽を専攻した宮野下シリュウ、
ポップス・ジャズを中心として活動する伊藤辰哉の二人が
ピアノとマリンバのオーソドックススタイルから離れ、二人だからこそできる音作り、
音楽作りをモットーにオリジナル・カヴァーをリアレンジしてお届けする鍵盤楽器デュオ。
オリジナル作品の輩出、レコーディングを経て2018年より正式にグループとして活動をスタート。
二人のオリジナルを収録した【2Seasons】がiTunes,Amazon musicより全国配信中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA